食と健康の総合サイト e840.net

食育やダイエットからメタボ対策まで無料で栄養アドバイス
食と健康の総合サイト e840.net

食と健康の総合サイト e840.net
食中毒 血液検査 ビタミン ミネラル e840.net お問い合わせ

ビタミンB6欠乏症と不足摂取による症状|ビタミンB6欠乏症.ビタミン欠乏

ビタミンB6欠乏症と不足摂取による症状と健康影響

ビタミンB6欠乏症は、ビタミンB6欠乏する事で起きる症状です。ビタミンB6は、約100種類の酵素の補酵素として働く水溶性ビタミンの1つである。特に、アミノ酸代謝に関与するため、その必要量はたんぱく質の摂取量の増加に依存して高くなる。一般に「たんぱく質をつくる」、「健康な皮膚や髪、歯をつくる」、「成長を促進する」などといわれている。ヒトでの有効性については、ビタミンB6欠乏の予防と治療に対して有効性が示されている。安全性については、経口で適切に摂取する場合はおそらく安全と思われるが、過剰摂取により感覚神経障害などの悪影響が起こることがある。いくつかの医薬品との併用により、光過敏症のリスクや医薬品の血中濃度に影響を与えることが知られている。

ビタミンB6の栄養

ビタミンB6は水溶性のビタミンで、ピリドキシン、ピリドキサール、ピリドキサミンと、これらのリン酸エステル型であるピリドキシン-5’-リン酸 (PNP) 、ピリドキサール-5’-リン酸(PLP)、ピリドキサミン-5’-リン酸 (PMP) の総称です。体内ではPLPとPMPの形で多く存在し、主な役割は、タンパク質、脂質、炭水化物の代謝の補酵素、神経伝達物質である生理活性アミンの代謝の補酵素、ホルモン調節因子などとして働いており、不足すると皮膚炎などが起こることが知られています。

ビタミンB6欠乏症は以下の場合に起こりやすい

.ビタミンB6が不足した食生活を続けた時

以下のような、ビタミンB6の阻害剤を摂取した時

しかし、ビタミンB6欠乏症は、ビタミンB6が単独で不足することは少なく、他のビタミンが不足したときに、同時に起こります。

ビタミンB6の欠乏症

ビタミンB6欠乏症になると湿しんなどの皮ふ炎や口内炎、貧血、脳波の異常などがおこります。ビタミンB6は腸内細菌によってもつくられることから、一般的にはビタミンB6欠乏症は起こりづらいと考えられております。しかし、まれに抗生剤を長期間飲んでいる人ではビタミンB6欠乏症を起こす事があります。また、最近、生理前に憂うつな症状のでる月経前症候群の人では、体内でビタミンB6不足がみられたという報告もあります。

ビタミンB6欠乏症:肌の荒れ、湿疹(しっしん)

ビタミンB6は、食品に含まれるたんぱく質を分解して、それを改めて身体を作るためのたんぱく質(アミノ酸)に、組み替える働きをしています。もしビタミンB6欠乏症状が長期間続くと、たんぱく質の供給がスムーズでなくなるため、皮膚の新陳代謝が進みません。このため、お肌のツヤがなくなり、肌が荒れたり湿疹が多くなります。また、口、眼、鼻の周辺に、小さな脂肪のブツブツができる、脂漏性皮膚炎が起ることもあります。

ビタミンB6欠乏症:女性ホルモンのアンバランス

ビタミンB6欠乏症になると女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が、アンバランスになり、月経前症候群(PMS)を引き起こすことがあります。月経前症候群は、月経が近づくと肩こりや腰痛、気分の落ち込み、イライラ感などがあります。これは、月経前になるとエストロゲンの分泌が多くなり、その結果、血液中のビタミンB6の濃度が、低くなるのが原因です。

ビタミンB6欠乏症:神経系の障害

ビタミンB6欠乏症による神経系の影響は出る事があります。神経細胞が活動するには、それぞれの神経細胞の間で、情報を伝えることが必要で、この役割をしているのが、ドーパミンやアドレナリンなどの神経伝達物質です。ビタミンB6は、この神経伝達物質を合成するときに必要な栄養素で、B6が不足すると神経系が、正常に機能しなくなる可能性があります。例えば、精神が不安定になり、ささいなことでもすぐ興奮したり、けいれんが起こることがあります。アメリカでは、高熱殺菌されたミルクを飲んでいた乳児が、突然けいれんを起こして、大きな問題になったこともありました。(原因は、高熱殺菌されたミルクのビタミンB6が変質して、ビタミン本来の働きができなかったからです。)

ビタミンB6欠乏症と栄養所要量

平成21年の国民健康・栄養調査で男性は平均16.1 mgNE、女性は平均13.2 mgNE摂取しており、男女ともほぼ推奨量を充たしているといえます。

ビタミンB6欠乏症を予防する為の所要量は以下の通り

ビタミンB6の推奨量
成人男性 1.4mg
成人女性 1.2mg
栄養機能性食品として (下限値)  0.5mg
(上限値)  10.0mg
※「日本人の食事摂取基準(2005年版)」による
※成人=18~49歳


ビタミンB6欠乏症・過剰症に関する情報

ビタミンB6に関する詳しい情報
ビタミンB6の栄養所要量
ビタミンB6の吸収を促進阻害する因子
ビタミンB6が多く含まれている食品
ビタミンB6過剰症
ビタミンB6欠乏症
 
 
ビタミン事典メニュー
ビタミン大辞典 ビタミン大辞典
ビタミンって何? ビタミンって何?
ビタミンの種類と健康 ビタミンの種類
   ビタミンAの栄養と効果
   ビタミンDの栄養と効果
   ビタミンEの栄養と効果
   ビタミンKの栄養と効果
   ビタミンB1の栄養と効果
   ビタミンB2の栄養と効果
   ビタミンB6の栄養と効果
   ビタミンB12の栄養と効果
   ナイアシの栄養と効果
   パントテン酸の栄養と効果
   葉酸の栄養と効果
   ビオチンの栄養と効果
   ビタミンCの栄養と効果
ビタミンと健康 ビタミンと健康
こんな時に必要なビタミン こんな時に必要なビタミン
ビタミンを効率よく吸収するには ビタミンを効率よく吸収
ビタミンの過剰症 ビタミンの過剰症
ビタミンの欠乏症 ビタミンの欠乏症
    ビタミンAの欠乏症
    ビタミンB1の欠乏症
    ビタミンB2の欠乏症
    ビタミンCの欠乏症
    ビタミンDの欠乏症
    ビタミンEの欠乏症
    ビタミンKの欠乏症
    ナイアシンの欠乏症
    ビタミンB6の欠乏症
    葉酸の欠乏症
    ビタミンB12の欠乏症
    ビオチンの欠乏症
    パントテン酸の欠乏症
ビタミンA ビタミンA
ビタミンB群 ビタミンB群
ビタミンC ビタミンC
ビタミンD ビタミンD
ビタミンに関する記事 ビタミンに関する記事
   
ビタミンの欠乏症のページに戻る      

ビタミン大辞典 ビタミンB6欠乏症  

ビタミン大辞典トップページに戻る
ダイエット メタボ 食事バランスガイド
ダイエット方法 おすすめするダイエット方法を紹介します。無理なダイエットは辛く長続きしません。ダイエットのポイントは、長続きさせる事!正しいダイエット知識で綺麗に痩せましょう メタボ対策 ちょっと昔は、カッコ良かったあなたも年齢とともにダンダンと中年太りになり、血圧、血糖値が高くなりましたら注意信号です。早め早めの対処で正しい体重にダイエットをしましょう。 食事バランスガイド
病気と栄養 健康診断
病気と栄養(食事療法) 色々な病気になった時に食事は治療を早めたり、回復させたりする力があります。逆に病気になった時に控えなければいけないものもあります。食事は毒にも薬にもなります。 生活習慣病(メタボ検診)の血液検査などの検査結果をチェック 気になる生活習慣病検診(メタボ検診)や健康診断結果について解説しています。メタボ体系になったら少しダイエットを考えましょう。 栄養辞典では抗酸化物質以外も説明 食育
ノロウイルス
ノロウイルス 毎年11月から翌年2月はノロウイルスが大流行いたします。特に食材の十分な加熱と手洗いの実施が重要です。また日頃の健康管理もチェックしましょう。 衛生栄養博士の大辞典 健康相談窓口
夕ご飯
献立の基本 献立の基本
美味しいお米の炊き方 美味しいお米の炊き方
ダシ出汁 ダシ出汁
調味料 調味料
メニュー集 メニュー集
裏ミシュラン 裏ミシュラン
リンク集 リンク集
健康と栄養辞典
ビタミン ビタミン
ミネラル ミネラル
ボツリヌス菌食中毒以外も説明 ボツリヌス菌食中毒以外も説明
サプリメント 血液辞典
サプリメント サプリメント
漢方薬 漢方薬
放射能 放射能
栄養士と管理栄養士
栄養士 栄養士
管理栄養士 管理栄養士
国家試験 国家試験
e840.netについて
お問い合わせ お問い合わせ
サイトポリシー サイトポリシー
管理人について 管理人について

Copyright e840.net All rights reserved. 2013.2