ビタミンとは?栄養士が解説|食と健康e840.net ビタミンとは?栄養士が解説

ビタミン(Vitamin)とは

ビタミンとは、体の機能を調整したりするのに必要な有機化合物の微量栄養素です。三大栄養素である炭水化物、たんぱく質、脂質が体内でエネルギーに変わる時や、筋肉や皮膚など体の構成成分に変わる時に転換の手助けをし酵素を助ける機能という意味から補酵素とも呼ばれています。ビタミンは原則的に体内でつくることができないため、不足すると三大栄養素をうまく転換できなくなり、体にさまざまな影響を与え。現在、認められているビタミンは13種です。たとえば、コラーゲンのプロリン残基のヒドロキシル化に必要なビタミンC(アスコルビン酸)は、多くの動物でブドウ糖から体内で生合成されるが、ヒトやサルなどにはこの生合成経路がないため生成されない。したがって、ビタミンCは多くの動物ではビタミンでないが、ヒトやサルなどにとってはビタミンである。なお、無機質(ミネラル)はビタミンと同様に微量栄養素であるが有機化合物ではなく、ホルモンもビタミンと同様の働きをするが生体内(内分泌腺(せん))で生成されるため、それぞれビタミンと区別される。また、ビタミンは脂質、糖質、タンパク質、無機質とともに五大栄養素に含まれている。

【AD】癌(ガン)に罹った管理人が伝えたいこと「病気になるとわかっていたら放置しなかったのに」 命を奪う癌(ガン)は早期発見・早期治療で非常に生存率が高い病気 遺伝子の異常で発生する癌(ガン)を簡単な血液検査で調べることでリスクの高い人は定期的に検査を受けましょう。気づくのに遅れて手遅れなんて事が無い様に定期的に検査を受けることを管理人はお勧めします。 (GME医学検査研究所)

ビタミンについて

ビタミンとは、一般的にエネルギー活動に必要な酵素を助け、円滑な生命活動に必要不可欠な働きをしています。この欠乏の影響は、酵素反応を低下或いは停止し、さらに生命活動に支障をきたす事になる。 また、最近では、ビタミンの働きのほかに、数多くの有益な役割を担う作用を有することが分かってきている。中でも、ビタミンCやビタミンEは体内で発生する酸素由来の、活性酸素やフリーラジカルを消去する抗酸化作用が良く知られている。 一方、積極的にビタミンを投与し、その生理的作用を期待するのではなく、薬理学的作用を導き出す事によって、疾病に対する予防や治療を目的としても利用されています。

アマゾン人気販売商品

アマゾン人気販売商品


ビタミンの基本について

【お勧め】 肥満が気になるダイエット


ビタミンの種類と効果

【管理人も愛用】 おすすめサプリ


広告

ビタミンについて解説


処方箋無し安くコンタクトレンズを買う




ビタミンについて解説

これで貴方の松茸も元気に

管理人も利用するレストラン予約

食中毒菌にも有効!除菌率99%

広告

e840.net グループサイト

美味しいご飯が炊ける炊飯器

サイト内検索機能 By Yahoo!

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • e840.net内を検索

正しく知ってSTD予防