食と健康の総合サイト e840.net

食育やダイエットからメタボ対策まで無料で栄養アドバイス
食と健康の総合サイト e840.net

食と健康の総合サイト e840.net
食中毒 血液検査 ビタミン ミネラル e840.net お問い合わせ

パントテン酸の栄養と働き多く含む食品パントテン酸.ビタミンの種類

パントテン酸栄の栄養と働き多く含む食品

パントテンン酸とは、酵母の成長因子として1933年に発見されたビタミン。人のパントテン酸欠乏症は第二次世界大戦中の飢餓囚人に見られた「burning feet」(足の先端が焼け付くような感じとなる)感覚衝動異常以外は知られていない。 鶏においての欠乏症のみ報告があり、副腎の顕著な障害と皮膚炎が見られた。また、ミエリンの崩壊も見られたという報告もある。 人においてのパントテン酸の欠乏症は、上記の感覚衝動異常、体位性の低血圧症、副腎皮質ホルモン(ACTH)に対する応答が低下したと報告されている。しかしながら、パントテン酸においての欠乏症に関しては未だ不明な点が多い。 


パントテン酸の栄養と働き

パントテン酸
パントテン酸
パントテン酸は、「至るところに存在する酸」という意味で命名されました。この名前の通り様々な食品に含まれているので、通常の食事をしている人では不足することはまずありません 。パントテン酸は食事から摂取するほか、腸内細菌群によってもわずかに合成されます。パントテン酸はコエンザイムA (CoA) やホスホパンテテインなど、補酵素の構成成分として、生体内で重要な働きをしています。特に、TCAサイクルや脂質の代謝に深くかかわっているため、パントテン酸欠乏は、エネルギー代謝の異常や障害を起こします。

パントテン酸の栄養と消化・吸収

食品中のパントテン酸の大半は、CoAやホスホパンテテイン誘導体として、たんぱく質と結合した状態で存在しています。これらのCoA 及びホスホパンテテイン誘導体は調理・加工の過程や胃酸環境下で遊離型になり、腸内の酵素によって消化されてパントテン酸となった後、吸収されます。

パントテン酸栄養の働きと効果

パントテン酸は、補酵素として、次のような働きをします。
①.副腎の機能を助け、副腎皮質ホルモンの合成を促します。副腎皮質ホルモンには抗ストレス作用があります。
②.ナイアシンやビタミンB2と協力して働き、脂肪酸など、からだの構成成分の合成と分解を促進して、皮膚や毛髪、神経組織を正常に保ちます。
③.パントテン酸は、脂肪の代謝に役立ち、血液や細胞内にある余分なコレステロールを回収する善玉コレステロール(HDLコレステロール)の生成を促します

パントテン酸の化学的特性

パントテン酸は水溶性ビタミンの一種で、黄色の粘性液状物質です。中性には安定ですが、酸性、アルカリ性、熱には不安定です。

パントテン酸の栄養所要量

パントテン酸の所要量は以下の通りです
  パントテン酸の推奨量
成人男性 6mg
成人女性 5mg
   妊婦 +1mg 
   授乳婦 +4mg
(参考)パントテン酸の栄養所要量
※パントテン酸の上限量は定められていません
※「日本人の食事摂取基準(2005年版)」による
※成人=18~49歳
ご参考:2003年 国民健康・栄養調査による摂取量(20~59歳平均)
男性:5.89mg  女性:5.17mg

我が国におけるパントテン酸の栄養摂取状況

平成21年の国民健康・栄養調査では男性で平均5.68 mg/日、女性で平均4.99 mg/日摂取しており、男女ともほぼ目安量を充たしているといえます。

パントテン酸の欠乏症と過剰症

パントテン酸には、過剰症状と欠乏症があります。
項 目 パントテン酸における具体的な症状
パントテン酸
過剰症
特にありません
 
パントテン酸
欠乏症
皮膚や毛髪のつやが悪くなります。また、筋肉痛や知覚異常、手足のしびれ、疲れやすい、などの症状を引きおこすことがあります。多くの食品に含まれているため、通常、欠乏の心配はありません。
 

パントテン酸が多く含まれている食品

パントテン酸は、多くの食品に含まれていますが、とくにレバー、納豆、卵、落花生、魚類に多く含まれています。
含有量(可食部100g中) 常用量(目安量)
納豆 3.60 40g(1パック) 1.44
カリフラワー(生) 1.30 50g(小鉢1杯) 0.65
子持ちがれい(生) 2.41 80g(1切れ) 1.93
ししゃも(生) 1.95 60g(3尾) 1.17
鶏レバー(生) 10.1 40g(1個) 4.04
落花生(いり) 2.19 30g(1皿) 0.66
鶏卵(生) 1.45 55g(1個) 0.8

パントテン酸を含む食品調理・加工をする際の注意点

ビタミンB5とも呼ばれるパントテン酸は、水に溶けやすい水溶性のビタミンです。多くの食品に含まれているため、ギリシャ語の「どこにでもある」という意味から名付けられました。パントテン酸は、糖質や脂質、たんぱく質などの代謝を活性化する「補酵素」という大切な役割を持っており、体内のいろいろな化学反応を助けています。また、さまざまな食品から摂ることができ、腸内細菌によって体内でも合成されるため、不足することはほとんどありません。しかし、アルコールやカフェインの摂取によって吸収が阻害され、ストレスによって減少します。また、熱に弱く、酸やアルカリによって壊れやすい性質があるので、調理のときは加熱しすぎないなどの工夫が必要です。

パントテン酸の歴史

パントテン酸の発見者は、アメリカのウィルディアスです。1901年アメリカのウィルディアスが、酵母の生育因子である「ビオス」を発見しました。このビオスは、複数の物質から構成されていることが判明し、その中でも特に生物が広く利用する酸性因子を「パントテン酸」と命名しました。化学名もパントテン酸といいます。

パントテン酸に関する栄養情報

パントテン酸に関する詳しい情報
パントテン酸の栄養所要量
パントテン酸の吸収を促進阻害する因子
パントテン酸過剰症
パントテン酸欠乏症
 
ビタミンB群について詳しい情報はこちらを参照
 
ビタミン事典メニュー
ビタミン大辞典 ビタミン大辞典
ビタミンって何? ビタミンって何?
ビタミンの種類と健康 ビタミンの種類
   ビタミンAの栄養と効果
   ビタミンDの栄養と効果
   ビタミンEの栄養と効果
   ビタミンKの栄養と効果
   ビタミンB1の栄養と効果
   ビタミンB2の栄養と効果
   ビタミンB6の栄養と効果
   ビタミンB12の栄養と効果
   ナイアシの栄養と効果
   パントテン酸の栄養と効果
   葉酸の栄養と効果
   ビオチンの栄養と効果
   ビタミンCの栄養と効果
ビタミンと健康 ビタミンと健康
こんな時に必要なビタミン こんな時に必要なビタミン
ビタミンを効率よく吸収するには ビタミンを効率よく吸収
ビタミンの過剰症 ビタミンの過剰症
ビタミンの欠乏症 ビタミンの欠乏症
ビタミンA ビタミンA
ビタミンB群 ビタミンB群
ビタミンC ビタミンC
ビタミンD ビタミンD
ビタミンに関する記事 ビタミンに関する記事
ビタミンの種類 トップページに戻る

ナイアシン

パントテン酸の栄養

葉酸

ビタミン大辞典 パントテン酸の栄養  

ビタミン大辞典トップページに戻る
ダイエット メタボ 食事バランスガイド
ダイエット方法 おすすめするダイエット方法を紹介します。無理なダイエットは辛く長続きしません。ダイエットのポイントは、長続きさせる事!正しいダイエット知識で綺麗に痩せましょう メタボ対策 ちょっと昔は、カッコ良かったあなたも年齢とともにダンダンと中年太りになり、血圧、血糖値が高くなりましたら注意信号です。早め早めの対処で正しい体重にダイエットをしましょう。 食事バランスガイド
病気と栄養 健康診断
病気と栄養(食事療法) 色々な病気になった時に食事は治療を早めたり、回復させたりする力があります。逆に病気になった時に控えなければいけないものもあります。食事は毒にも薬にもなります。 生活習慣病(メタボ検診)の血液検査などの検査結果をチェック 気になる生活習慣病検診(メタボ検診)や健康診断結果について解説しています。メタボ体系になったら少しダイエットを考えましょう。 栄養辞典では抗酸化物質以外も説明 食育
ノロウイルス
ノロウイルス 毎年11月から翌年2月はノロウイルスが大流行いたします。特に食材の十分な加熱と手洗いの実施が重要です。また日頃の健康管理もチェックしましょう。 衛生栄養博士の大辞典 健康相談窓口
夕ご飯
献立の基本 献立の基本
美味しいお米の炊き方 美味しいお米の炊き方
ダシ出汁 ダシ出汁
調味料 調味料
メニュー集 メニュー集
裏ミシュラン 裏ミシュラン
リンク集 リンク集
健康と栄養辞典
ビタミン ビタミン
ミネラル ミネラル
ボツリヌス菌食中毒以外も説明 ボツリヌス菌食中毒以外も説明
サプリメント 血液辞典
サプリメント サプリメント
漢方薬 漢方薬
放射能 放射能
栄養士と管理栄養士
栄養士 栄養士
管理栄養士 管理栄養士
国家試験 国家試験
e840.netについて
お問い合わせ お問い合わせ
サイトポリシー サイトポリシー
管理人について 管理人について

Copyright e840.net All rights reserved. 2013.2