食と健康の総合サイト e840.net

食育やダイエットからメタボ対策まで無料で栄養アドバイス
食と健康の総合サイト e840.net

食と健康の総合サイト e840.net
食中毒 血液検査 ビタミン ミネラル e840.net お問い合わせ

ビタミンC欠乏症と不足摂取による症状|ビタミンC欠乏症.ビタミン大辞典

ビタミンC欠乏症と不足摂取による症状と健康影響

ビタミンCは、コラーゲン合成を介した正常な毛細血管の維持や抗酸化作用に必要な水溶性ビタミンの1つである。ストレスや喫煙によって消費されることから、該当する人ではその必要量が高まるとされている。一般に「コラーゲンの合成を促進する」、「抗酸化作用がある」、「鉄や銅の吸収を助ける」、「メラニン色素の生成を抑制する」、「免疫力を高める」などといわれている。ヒトでの有効性については、ビタミンC欠乏の予防と治療に対して有効性が示されている。安全性については、適切に摂取する場合はおそらく安全であるが、過剰摂取により下痢などの悪影響を起こす可能性がある。
 

ビタミンC欠乏症と栄養

ビタミンC (L-アスコルビン酸) は、抗壊血病因子として発見されさた水溶性ビタミンです。ほとんどの動物は、ブドウ糖を基にしてウロン酸サイクルからビタミンCを体内で合成することができますが、ヒトやモルモット等では生合成に必要なL-グロノ-γ-ラクトン酸化酵素が欠損しているため、体内でビタミンCを合成することができません。そのため、野菜や果物など食物からビタミンCを摂取しなくてはならず、不足すると壊血病を引き起こす恐れがあります。ビタミンCは、体内でコラーゲンの生成ならびに重要な抗酸化物質として働いています。

ビタミンC欠乏症は次の場合に起こりやすいです

アルコール中毒者

野菜やフルーツの摂取が少ない人 (たとえば1人暮らしの男性や高齢者など)

薬物中毒者

ビタミンC欠乏症の症状

ビタミンCの摂取量が不足すると、寒さや細菌に対する抵抗力が下がってカゼなどの病気にかかりやすくなったり、骨の発育が不十分になったりします。ビタミンCの欠乏症で知られる壊血病(かいけつびょう)は、コラーゲンがつくれないために細胞の間の結合がゆるむことでおこります。血管や関節が弱くなることから、歯ぐきなど体の各所で出血したり、関節が痛んだりする病気です。

ビタミンC欠乏症の症状:壊血病

壊血病とは、毛細血管が非常にもろくなって、切り傷があるわけでもないのに、身体のあちこちから出血する病気のことです。壊血病の初期の段階では、歯ぐきからの出血や皮膚の内出血などがあり、症状が進行すると、全身からの出血が多くなり、ひどくなると生命の危険もあります。この壊血病は、昔から大病の1つとして知られていて、古くはエジプトの石版にも、壊血病のことが刻まれているのです。そもそも壊血病は、身体の細胞同士の結合が弱くなって起こります。人間の身体は、何十兆個もの細胞が集まって出来ていますが、もし、細胞が1つ1つバラバラになってしまったらどうでしょうか?つまり、壊血病にかかって、細胞の結合が弱くなると、一番デリケートな部分である毛細血管から症状がでてきて、歯ぐきや皮膚の内出血が多くなるというわけです。ビタミンCは、細胞それぞれをしっかり結合させる役割をする、コラーゲン(たんぱく質の一種)を作るときに、欠かせない栄養素です。ビタミンCを十分に摂ることによって、壊血病を予防するだけでなく、柔軟性のある丈夫な身体になるわけです。

ビタミンC欠乏症の症状:免疫力の低下

ビタミンCは、体内で出来てしまう活性酸素を分解して、老化の進行を遅らせたり、白血球の働きを高めます。(白血球は、体内に侵入してきた病原菌や細菌を、退治する免疫機能があります。)もしビタミンCが不足すると、体内に活性酸素が多くなり、細胞が傷つけられたり、白血球の働きが鈍くなり、免疫力が低下してしまいます。そうすると、がんをはじめ、様々な成人病や生活習慣病にかかりやすくなるので、ビタミンCの不足には注意したいものです。

ビタミンC欠乏症の症状:骨そしょう症

ビタミンCは、身体の細胞を結合させる働きをしていますが、これは筋肉や皮膚、内臓だけでなく、骨についてもいえることです。骨そのものは、ほとんどがカルシウムとコラーゲンからできていますが、しっかりした丈夫な骨になるには、ビタミンCやビタミンK、ビタミンDなどが必要で、それぞれ働きに違いがあります。
 ・ ビタミンC・・・主にコラーゲンを作りだす働き
 ・ ビタミンK・・・コラーゲンとカルシウムを結合させる働き
 ・ ビタミンD・・・骨へのカルシウムの沈着を調整する働き
これらがお互いに上手に働いて、骨がスカスカになる骨そしょう症を防いでいるのです。

ビタミンC欠乏症と栄養所要量

不足すると、寒さや細菌に対する抵抗力が下がってカゼなどの病気にかかりやすくなったり、骨の発育が不十分になったりします。ビタミンCの欠乏症で知られる壊血病(かいけつびょう)は、コラーゲンがつくれないために細胞の間の結合がゆるむことでおこります。血管や関節が弱くなることから、歯ぐきなど体の各所で出血したり、関節が痛んだりする病気です。一方、ビタミンCは、過剰に摂取しても吸収率が低下し、残りは尿から出てしまうため、一般的には有害な過剰症はないといわれています。ただし、薬やサプリメントなどでは、吐き気、下痢、腹痛といった胃腸への影響が報告されていて、腎機能に問題がある人では腎結石のリスクが高まることから注意が必要です。適切なご利用方法をこころがけてください。

ビタミンCの所要量と欠乏症

平成21年の国民健康・栄養調査では、通常の食品から男性で平均96 mg/日、女性で平均104 mg/日、また強化食品・補助食品から男性で17 mg/日、女性で23 mg/日摂取しており、男女ともほぼ推奨量を充たしているといえます。しかし、喫煙者は非喫煙者に比べてビタミンCの代謝回転が約35 mg/日多いため、同年代の推奨量よりも35 mg/日以上多く摂取する必要があると考えられます。ただし、喫煙者は、ビタミンCを多く摂取するという考え方よりも、先ず禁煙を考えることが適切です。
ビタミンC推奨量
成人男性 100mg
成人女性 100mg
   妊婦 +10mg
   授乳婦 +50mg
(参照) ビタミンCの栄養所要量
※ビタミンC上限量は定められていません
※「日本人の食事摂取基準(2005年版)」による
※成人=18~49歳
ご参考:2003年 国民健康・栄養調査による摂取量(20~59歳平均)
男性:103mg  女性:126mg

ビタミンC欠乏症・過剰症に関する情報

ビタミンCに関する詳しい情報
ビタミンCの栄養所要量
ビタミンCの吸収を促進阻害する因子
ビタミンCが多い食品
ビタミンC過剰症
ビタミンC欠乏症
 
 
ビタミン事典メニュー
ビタミン大辞典 ビタミン大辞典
ビタミンって何? ビタミンって何?
ビタミンの種類と健康 ビタミンの種類
   ビタミンAの栄養と効果
   ビタミンDの栄養と効果
   ビタミンEの栄養と効果
   ビタミンKの栄養と効果
   ビタミンB1の栄養と効果
   ビタミンB2の栄養と効果
   ビタミンB6の栄養と効果
   ビタミンB12の栄養と効果
   ナイアシの栄養と効果
   パントテン酸の栄養と効果
   葉酸の栄養と効果
   ビオチンの栄養と効果
   ビタミンCの栄養と効果
ビタミンと健康 ビタミンと健康
こんな時に必要なビタミン こんな時に必要なビタミン
ビタミンを効率よく吸収するには ビタミンを効率よく吸収
ビタミンの過剰症 ビタミンの過剰症
ビタミンの欠乏症 ビタミンの欠乏症
    ビタミンAの欠乏症
    ビタミンB1の欠乏症
    ビタミンB2の欠乏症
    ビタミンCの欠乏症
    ビタミンDの欠乏症
    ビタミンEの欠乏症
    ビタミンKの欠乏症
    ナイアシンの欠乏症
    ビタミンB6の欠乏症
    葉酸の欠乏症
    ビタミンB12の欠乏症
    ビオチンの欠乏症
    パントテン酸の欠乏症
ビタミンA ビタミンA
ビタミンB群 ビタミンB群
ビタミンC ビタミンC
ビタミンD ビタミンD
ビタミンに関する記事 ビタミンに関する記事
   
ビタミンの欠乏症のページに戻る    

ビタミン大辞典 ビタミンC欠乏症  

ビタミン大辞典トップページに戻る
ダイエット メタボ 食事バランスガイド
ダイエット方法 おすすめするダイエット方法を紹介します。無理なダイエットは辛く長続きしません。ダイエットのポイントは、長続きさせる事!正しいダイエット知識で綺麗に痩せましょう メタボ対策 ちょっと昔は、カッコ良かったあなたも年齢とともにダンダンと中年太りになり、血圧、血糖値が高くなりましたら注意信号です。早め早めの対処で正しい体重にダイエットをしましょう。 食事バランスガイド
病気と栄養 健康診断
病気と栄養(食事療法) 色々な病気になった時に食事は治療を早めたり、回復させたりする力があります。逆に病気になった時に控えなければいけないものもあります。食事は毒にも薬にもなります。 生活習慣病(メタボ検診)の血液検査などの検査結果をチェック 気になる生活習慣病検診(メタボ検診)や健康診断結果について解説しています。メタボ体系になったら少しダイエットを考えましょう。 栄養辞典では抗酸化物質以外も説明 食育
ノロウイルス
ノロウイルス 毎年11月から翌年2月はノロウイルスが大流行いたします。特に食材の十分な加熱と手洗いの実施が重要です。また日頃の健康管理もチェックしましょう。 衛生栄養博士の大辞典 健康相談窓口
夕ご飯
献立の基本 献立の基本
美味しいお米の炊き方 美味しいお米の炊き方
ダシ出汁 ダシ出汁
調味料 調味料
メニュー集 メニュー集
裏ミシュラン 裏ミシュラン
リンク集 リンク集
健康と栄養辞典
ビタミン ビタミン
ミネラル ミネラル
ボツリヌス菌食中毒以外も説明 ボツリヌス菌食中毒以外も説明
サプリメント 血液辞典
サプリメント サプリメント
漢方薬 漢方薬
放射能 放射能
栄養士と管理栄養士
栄養士 栄養士
管理栄養士 管理栄養士
国家試験 国家試験
e840.netについて
お問い合わせ お問い合わせ
サイトポリシー サイトポリシー
管理人について 管理人について

Copyright e840.net All rights reserved. 2013.2