食と健康の総合サイト e840.net

食育やダイエットからメタボ対策まで無料で栄養アドバイス
食と健康の総合サイト e840.net

食と健康の総合サイト e840.net
食中毒 血液検査 ビタミン ミネラル e840.net お問い合わせ

ビタミンD欠乏症と不足摂取による症状と健康影響|ビタミンD欠乏症.ビタミン欠乏症

ビタミンD欠乏症と不足摂取による症状

ビタミンDは、脂溶性ビタミンの1つであり、化学的には植物由来のビタミンD2 (エルゴカルシフェロール) と動物由来のビタミンD3 (コレカルシフェロール) がある。ビタミンD3は太陽光線により皮膚で合成されるため、日光に当たる機会の少ない人では不足することがある。ビタミンDは体内において、カルシウムのホメオスタシス (恒常性維持) に関与している。一般に「骨を強くする」、「カルシウムとリンの吸収を助ける」、「血液中のカルシウム濃度を一定に保つ」などといわれている。ヒトでの有効性については、ビタミンD欠乏の予防と治療に対して有効性が示されている。安全性については、経口で適切に摂取する場合はおそらく安全と思われる。妊娠中・授乳中は経口摂取で400 IU/日までならほぼ安全であるが、それ以上の大量摂取は避けるべきとされている。高カルシウム血症の患者は禁忌である 

ビタミンD欠乏症と栄養

ビタミンDとは、ビタミンD2 (エルゴカルシフェロール) とD3 (コレカルシフェロール) の総称です。紫外線の照射によって、ビタミンD2は植物に存在するエルゴステロールから生成され、、ビタミンD3は動物に存在する7-デヒドロコレステロール (7-DHC) から生成されます。ビタミンDは、カルシウムやリンなどのミネラルの代謝や恒常性の維持、骨の代謝に関係しており、不足すると子供ではくる病、成人では骨軟化症などが起こることが知られています。

ビタミンD欠乏症は次の場合に起こりやすいです。

ビタミンDの欠乏症は、食事から充分な量を摂取できなかった時、消化管からの吸収が不十分な時、腎臓でビタミンD活性型 (1,25 (OH) 2D) に変換されない時、日光に当たる時間が不十分な時などにおこることがあります。

ビタミンD欠乏症の判断基準

血中25ヒドロキシビタミンD (25-OH-D) は血液中のビタミンD代謝物の中で最も濃度が高く、ビタミン補充状態をよく反映するため、体内ビタミンDレベルの指標となっています。血中25-OH-Dの基準値は15~40 ng/mL、10 ng/mL以下は潜在性ビタミンD欠乏症であると判断されます。

ビタミンD欠乏症の症状

ビタミンDが不足すると小腸からのカルシウム吸収が不十分となり、骨や歯の形成もうまくいかなくなり、赤ちゃんや子どもではくる病、成人では骨軟化症を引きおこすといわれています。高齢化社会を迎えて、日本でも骨粗しょう症(カルシウムの項を参照)の人が増えています。若いうちから、ビタミンDとカルシウムを十分にとることに加え、適度な日光浴と運動に配慮して丈夫な骨をつくりましょう。

ビタミン欠乏症:くる病

ビタミンDの欠乏・不足で代表的な病気がくる病で、乳幼児がかかります。くる病は、足の骨をはじめ、胸骨、肋骨(ろっこつ)、頭蓋骨など、あらゆる骨が曲がってしまう病気です。また、歯のエナメル質は失われ、歯はぼろぼろになってしまいます。くる病は、命を失うほどの致命的な病気ではありませんが、まともに立ったり歩いたりすることができなくなります。症状が重くなると、筋肉のハリがなくなり、思うように手足を動かすことが、できなくなります。

ビタミンD欠乏症:骨軟化症

大人がビタミンDの欠乏・不足になると、骨が柔らかくなる骨軟化症になる可能性が高くなります。骨軟化症は、骨が変形してやがては脊髄(せきずい)も曲がってしまう病気で、大人のくる病といわれることもあります。

ビタミンD欠乏症:骨粗しょう症

骨粗しょう症は、ビタミンD不足の人や、高齢者、閉経後の女性に多い病気です。骨の密度が非常に低くなるため、骨が衝撃に非常に弱く、つまずいて軽く転んだだけで、骨折することも珍しくありません。特に高齢の女性では、エストロゲン(ホルモンの1つ)の分泌量が、閉経後に急激に減り、骨粗しょう症が進行してしまうケースがあります。

ビタミンD欠乏症と栄養所要量

ビタミンDが不足すると小腸からのカルシウム吸収が不十分となり、骨や歯の形成もうまくいかなくなり、赤ちゃんや子どもではくる病、成人では骨軟化症を引きおこすといわれています。高齢化社会を迎えて、日本でも骨粗しょう症(カルシウムの項を参照)の人が増えています。若いうちから、ビタミンDとカルシウムを十分にとることに加え、適度な日光浴と運動に配慮して丈夫な骨をつくりましょう。 一方、ビタミンDのとり過ぎは、高カルシウム血症、腎障害、軟組織の石灰化など過剰症をまねくおそれがあります。通常の食事から過剰症になることはほとんどありませんが、サプリメントや薬などから誤って大量摂取しないように注意が必要です。

ビタミンD栄養所要量とビタミンD欠乏症

平成21年の国民健康・栄養-調査では男性で平均8.0μg、女性で平均7.0μg摂取しています。男女とも目安量を充たしています。
ビタミンDの推奨量
成人男女 5μg
妊婦 +2.5μg
(参考) ビタミンDの栄養所要量
※ビタミンD上限量::50μg(成人男女、妊婦・授乳婦含む)
※「日本人の食事摂取基準(2005年版)」による
※成人=18~49歳
ご参考:2003年 国民健康・栄養調査による摂取量(20~59歳平均)
男性:8.8μg  女性:7.8μg

ビタミンD欠乏症・過剰症に関する情報

ビタミンDに関する詳しい情報
ビタミンDの栄養所要量
ビタミンDの吸収を促進阻害する因子
ビタミンDが多い食品
ビタミンD過剰症
ビタミンD欠乏症
 
 
ビタミン事典メニュー
ビタミン大辞典 ビタミン大辞典
ビタミンって何? ビタミンって何?
ビタミンの種類と健康 ビタミンの種類
   ビタミンAの栄養と効果
   ビタミンDの栄養と効果
   ビタミンEの栄養と効果
   ビタミンKの栄養と効果
   ビタミンB1の栄養と効果
   ビタミンB2の栄養と効果
   ビタミンB6の栄養と効果
   ビタミンB12の栄養と効果
   ナイアシの栄養と効果
   パントテン酸の栄養と効果
   葉酸の栄養と効果
   ビオチンの栄養と効果
   ビタミンCの栄養と効果
ビタミンと健康 ビタミンと健康
こんな時に必要なビタミン こんな時に必要なビタミン
ビタミンを効率よく吸収するには ビタミンを効率よく吸収
ビタミンの過剰症 ビタミンの過剰症
ビタミンの欠乏症 ビタミンの欠乏症
    ビタミンAの欠乏症
    ビタミンB1の欠乏症
    ビタミンB2の欠乏症
    ビタミンCの欠乏症
    ビタミンDの欠乏症
    ビタミンEの欠乏症
    ビタミンKの欠乏症
    ナイアシンの欠乏症
    ビタミンB6の欠乏症
    葉酸の欠乏症
    ビタミンB12の欠乏症
    ビオチンの欠乏症
    パントテン酸の欠乏症
ビタミンA ビタミンA
ビタミンB群 ビタミンB群
ビタミンC ビタミンC
ビタミンD ビタミンD
ビタミンに関する記事 ビタミンに関する記事
   
ビタミンの欠乏症のページに戻る      

ビタミン大辞典 ビタミンD欠乏症  

ビタミン大辞典トップページに戻る
ダイエット メタボ 食事バランスガイド
ダイエット方法 おすすめするダイエット方法を紹介します。無理なダイエットは辛く長続きしません。ダイエットのポイントは、長続きさせる事!正しいダイエット知識で綺麗に痩せましょう メタボ対策 ちょっと昔は、カッコ良かったあなたも年齢とともにダンダンと中年太りになり、血圧、血糖値が高くなりましたら注意信号です。早め早めの対処で正しい体重にダイエットをしましょう。 食事バランスガイド
病気と栄養 健康診断
病気と栄養(食事療法) 色々な病気になった時に食事は治療を早めたり、回復させたりする力があります。逆に病気になった時に控えなければいけないものもあります。食事は毒にも薬にもなります。 生活習慣病(メタボ検診)の血液検査などの検査結果をチェック 気になる生活習慣病検診(メタボ検診)や健康診断結果について解説しています。メタボ体系になったら少しダイエットを考えましょう。 栄養辞典では抗酸化物質以外も説明 食育
ノロウイルス
ノロウイルス 毎年11月から翌年2月はノロウイルスが大流行いたします。特に食材の十分な加熱と手洗いの実施が重要です。また日頃の健康管理もチェックしましょう。 衛生栄養博士の大辞典 健康相談窓口
夕ご飯
献立の基本 献立の基本
美味しいお米の炊き方 美味しいお米の炊き方
ダシ出汁 ダシ出汁
調味料 調味料
メニュー集 メニュー集
裏ミシュラン 裏ミシュラン
リンク集 リンク集
健康と栄養辞典
ビタミン ビタミン
ミネラル ミネラル
ボツリヌス菌食中毒以外も説明 ボツリヌス菌食中毒以外も説明
サプリメント 血液辞典
サプリメント サプリメント
漢方薬 漢方薬
放射能 放射能
栄養士と管理栄養士
栄養士 栄養士
管理栄養士 管理栄養士
国家試験 国家試験
e840.netについて
お問い合わせ お問い合わせ
サイトポリシー サイトポリシー
管理人について 管理人について

Copyright e840.net All rights reserved. 2013.2