食と健康の総合サイト e840.net

食育やダイエットからメタボ対策まで無料で栄養アドバイス
食と健康の総合サイト e840.net

食と健康の総合サイト e840.net
食中毒 血液検査 ビタミン ミネラル e840.net お問い合わせ

ビタミンA過剰症と過剰摂取による症状と影響|ビタミンA過剰症と過剰摂取による症状と影響.ビタミン大辞典

ビタミンA過剰症と過剰摂取による症状と健康影響

ビタミンAの過剰症状は、にきびなどの治療や妊娠中にビタミンAの注射を受けたり、製剤を大量に服用した場合に起こります。過剰症は、摂取後約12時間で起こる急性の過剰症と、数ヶ月以上にわたって摂取した後に発症する慢性の過剰症があります。急性の過剰症は、吐き気や嘔吐、めまい、意識障害などです。一方、慢性の過剰症は、急性の過剰症に加えて全身倦怠感、食欲不振、手足の痛み、皮膚症状などがみられます。皮膚症状ではかゆみや乾燥が起こった後、全身の皮膚の表面がふけのようにはがれ落ちます。普段の食生活でビタミンAによる過剰症にはなりずらく、サプリメントなどを誤って大量かつ長期間服用する事で発症します。 

ビタミンAの栄養と健康(過剰症欠乏症)

ビタミンAは、動物性食品に含まれるビタミンの1つであり、その性質は油脂類に溶ける事ができる脂溶性ビタミンであります。また、植物にもビタミンAの前駆体(プロビタミンA)であるカロテンを体内に摂取すると体内でビタミンAが生成されるものがあります。ビタミンAの働きは、上皮、器官、臓器の成長・分化に関与することから、妊婦や授乳婦にとっては重要ですが、過剰摂取する事で奇形児のリスクが高くなります。また、一般的なビタミンAの作用としては、「目や粘膜を正常に保つ」、「夜盲症を防ぐ」、「がんのリスクを軽減する」などといわています。

ビタミンA過剰症と栄養

ビタミンA過剰症は、ビタミンAを含む薬剤やサプリメントを大量摂取する事により発症する過剰症があります。しかし、ビタミンAは過剰に摂取すると体内に蓄積される性質があり、ビタミンAを含む薬品、サプリメントを長期間に多めに摂取しても過剰症を発症するリスクがあります・

ビタミンA過剰症と多く含む食品

ビタミンAとして働く成分を多く含む食品は、レバー、うなぎ、バター、マーガリン、チーズ、卵、緑黄色野菜などです。含有量が多い食品は、植物性食品より動物性食品に多くみられます。また、国民健康・栄養調査報告(平成22 年)では、日本人のビタミンA 摂取は、動物性食品(平均値:175μgRE/日)よりも植物性食品(平均値:354μgRE/日)からの割合の方が約4割多いと報告されています。したがって、緑黄色野菜はビタミンAの供給源としてとても重要なのです

ビタミンA過剰症になりやすい食生活

レバー若しくはパテのようなレバー製品を週1 回以上食べている人は、これ以上摂取量を増やさないこと。そしてビタミンA のサプリメントを摂らないこと。閉経後の女性及び65 歳以上の男性といった骨粗しょう症になるリスクの高い人は1 日1.5mg 以上のビタミンA を摂らないこと。具体的には、レバー若しくはレバー製品を週1回以上摂らないこと。妊娠中又は妊娠を希望する女性は、ビタミンA を含むサプリメントを摂らないこと。また、レバー及びレバー製品を摂らないこと。

ビタミンA過剰症とβカロテン

植物性食品に含まれるビタミンA 供給源は主にβ-カロテンになります。このβ-カロテンのプロビタミンA としての過剰障害は知られていません。下で説明している栄養所要量)の上限量の算出にもβ-カロテンは含まれていません。

ビタミンA過剰症の症状

ビタミンAによる過剰症は、普通の食事ではなりずらくビタミンAを含む薬剤やサプリメントを大量かつ長期間摂取した場合に発症します。過剰症の症状には、急性と慢性の症状があります。

βカロテンの過剰摂取と過剰症

ビタミンAの1つであるβカロテンは、消化吸収されるときにβカロテンから、ビタミンAに変化します。βカロテンは、必要な分だけが置き換えられて吸収され、余分な分は身体の外に、排出される仕組みになっています。また、βカロテンの性質上、吸収率やビタミンAへの変換率が低いため、大量に食べた場合でも、過剰摂取になることはありません。ビタミンAの1日の摂取量の上限は、3000μg(マイクログラム)REですが、たとえβカロテンを、この10倍以上摂取しても、身体に異常がでてくることは、ほとんどありません。(手のひらや足の裏が、黄色くなる程度です。)βカロテンは、レチノールに比べ、はるかに安全なビタミンAといえます。

レチノールの過剰摂取と過剰症

レチノールは、鶏レバー、豚レバー、あんこうの肝、うなぎの蒲焼きなどの、動物性食品に多く含まれているビタミンAです。このレチノールは、身体への吸収率が高いのが特徴で、βカロテンのように、変換されることもありません。ちなみに、厚生労働省から公表されている、レチノールの1日あたりの摂取量の上限は、3000μgREになっています。吸収されたレチノールのほとんどは、肝臓に運ばれ貯えられます。このため、レチノールを多く含む動物性食品を、大量に食べるとそれに比例して身体に貯えられ、ビタミンAの過剰症が現れてきます。

ビタミンA過剰症の症状

 ・主に後頭部の激しい痛み
 ・手足の痛み
 ・めまい、吐き気、嘔吐、下痢
 ・食欲不振、けんたい感、肌荒れ、睡眠障害
 ・脱毛

また、妊娠した女性が、レチノールを過剰摂取すると、生まれてくる赤ちゃんが奇形になる危険性が多く、注意が必要です。(ただしβカロテンは、この危険性はほとんどありません。)

急性ビタミンA過剰症

急性ビタミンA過剰症は、腹痛、悪心、嘔吐、めまい、過敏症などが出現した後、全身の皮膚落屑がみられます。北極熊の肝臓や魚の肝油を大量摂取した場合などにみられることが知られています。

慢性ビタミンA過剰症

慢性ビタミンA過剰症では、全身の関節や骨の痛み、皮膚乾燥、脱毛、食欲不振、体重減少、肝脾腫、脳圧亢進による頭痛及びうっ血乳頭などを示します。慢性の症状は、25,000I.U.(I.U.は国際単位で、25,000I.U.は7,500μgREに相当)を服用すると慢性症状が出現すると言われています。)

ビタミンA過剰症とサプリメント

ビタミンA過剰症は、野菜などに含まれるプロビタミンAであるカロチノイド系(カロテンなど)は、体内で過剰となると変換が減少するので、特定の健康障害を引き起こすことはなく、一般的に安全と考えられています。β-カロテンの過剰摂取により皮膚が黄色になりますが、これは健康に有害ではありません。みかん等を食べすぎて手足が黄色くなる柑皮症などがそうです。野菜や果物を食べる事でのビタミンA過剰症は心配する必要はありませんが、サプリメントなどからカロチノイド系ビタミンAを摂取する場合には所要量を大幅に超えない事がよいかと思います。ドイツでは、β-カロテンのサプリメントについて科学的に不明な点が多いことや健康保護の観点から、β-カロテンのサプリメントの使用には細心の注意を払うよう勧告するとともに、サプリメントによるβ-カロテン摂取量は、2mg/日を超過しないよう勧告しています。

ビタミンAの疾病予防と過剰症

ビタミンAは様々な研究から喫煙者において肺がんのリスクの軽減につながるものと考えられています。緑黄色野菜の中のどの栄養素が重要な役割を果たしているかについては一致した見解はありませんが、最も注目されたのは前駆物質であるカロテンでした。カロテン摂取量の多い人、あるいは肺がん発症前に採取された血液中のカロテン(主として、β-カロテン)濃度が高い人の肺がん発症リスクは、20~85%ほど低いことが多くのケース・コントロール研究やコホート研究で示されています。日本の国立がんセンターホームページでは、肺がんを予防するためには、まずたばこをやめ、果物や緑黄色野菜をとることが推奨されていますが、禁煙せずに、1日20mg以上のβ-カロテンを錠剤などで補給することは、かえってリスクを高める結果になるので控えることが推奨されています。

ビタミンA過剰症と栄養所要量

ビタミンAの所要量は以下の通りになります。厚生労働省が推奨している量を大幅に超える大量かつ継続的に服用する事で過剰症になるリスクは高くなります
ビタミンAの推奨量
成人男性 750μgRE
成人女性 600μgRE
  妊婦 +70μgRE
  授乳婦 +420μgRE
※ビタミンA上限量:3,000μgRE(成人男女、妊婦・授乳婦含む)
※「日本人の食事摂取基準(2005年版)」による
※成人=18~49歳

ご参考:2003年 国民健康・栄養調査による摂取量(20~59歳平均)
男性:880μgRE  女性:863μgRE


ビタミンAに関する情報

ビタミンAに関する詳しい情報
ビタミンAの栄養所要量
ビタミンAの吸収を促進阻害する因子
ビタミンAが多く含まれている食品
ビタミンAの過剰症
ビタミンAの欠乏症
 
 
ビタミン事典メニュー
ビタミン大辞典 ビタミン大辞典
ビタミンって何? ビタミンって何?
ビタミンの種類と健康 ビタミンの種類
   ビタミンAの栄養と効果
   ビタミンDの栄養と効果
   ビタミンEの栄養と効果
   ビタミンKの栄養と効果
   ビタミンB1の栄養と効果
   ビタミンB2の栄養と効果
   ビタミンB6の栄養と効果
   ビタミンB12の栄養と効果
   ナイアシの栄養と効果
   パントテン酸の栄養と効果
   葉酸の栄養と効果
   ビオチンの栄養と効果
   ビタミンCの栄養と効果
ビタミンと健康 ビタミンと健康
こんな時に必要なビタミン こんな時に必要なビタミン
ビタミンを効率よく吸収するには ビタミンを効率よく吸収
ビタミンの過剰症 ビタミンの過剰症
    ビタミンA過剰症
    ビタミンB1過剰症
    ビタミンB2過剰症
    ビタミンC過剰症
    ビタミンD過剰症
    ビタミンE過剰症
    ビタミンK過剰症
    ナイアシン過剰症
    ビタミンB6過剰症
    葉酸過剰症
    ビタミンB12過剰症
    ビオチン過剰症
   パントテン酸過剰症
ビタミンの欠乏症 ビタミンの欠乏症
ビタミンA ビタミンA
ビタミンB群 ビタミンB群
ビタミンC ビタミンC
ビタミンD ビタミンD
ビタミンに関する記事 ビタミンに関する記事
   
ビタミンの過剰症のページに戻る      

ビタミン大辞典 ビタミンA過剰症  

ビタミン大辞典トップページに戻る
ダイエット メタボ 食事バランスガイド
ダイエット方法 おすすめするダイエット方法を紹介します。無理なダイエットは辛く長続きしません。ダイエットのポイントは、長続きさせる事!正しいダイエット知識で綺麗に痩せましょう メタボ対策 ちょっと昔は、カッコ良かったあなたも年齢とともにダンダンと中年太りになり、血圧、血糖値が高くなりましたら注意信号です。早め早めの対処で正しい体重にダイエットをしましょう。 食事バランスガイド
病気と栄養 健康診断
病気と栄養(食事療法) 色々な病気になった時に食事は治療を早めたり、回復させたりする力があります。逆に病気になった時に控えなければいけないものもあります。食事は毒にも薬にもなります。 生活習慣病(メタボ検診)の血液検査などの検査結果をチェック 気になる生活習慣病検診(メタボ検診)や健康診断結果について解説しています。メタボ体系になったら少しダイエットを考えましょう。 栄養辞典では抗酸化物質以外も説明 食育
ノロウイルス
ノロウイルス 毎年11月から翌年2月はノロウイルスが大流行いたします。特に食材の十分な加熱と手洗いの実施が重要です。また日頃の健康管理もチェックしましょう。 衛生栄養博士の大辞典 健康相談窓口
夕ご飯
献立の基本 献立の基本
美味しいお米の炊き方 美味しいお米の炊き方
ダシ出汁 ダシ出汁
調味料 調味料
メニュー集 メニュー集
裏ミシュラン 裏ミシュラン
リンク集 リンク集
健康と栄養辞典
ビタミン ビタミン
ミネラル ミネラル
ボツリヌス菌食中毒以外も説明 ボツリヌス菌食中毒以外も説明
サプリメント 血液辞典
サプリメント サプリメント
漢方薬 漢方薬
放射能 放射能
栄養士と管理栄養士
栄養士 栄養士
管理栄養士 管理栄養士
国家試験 国家試験
e840.netについて
お問い合わせ お問い合わせ
サイトポリシー サイトポリシー
管理人について 管理人について

Copyright e840.net All rights reserved. 2013.2