食と健康の総合サイト e840.net

食育やダイエットからメタボ対策まで無料で栄養アドバイス
食と健康の総合サイト e840.net

食と健康の総合サイト e840.net
食中毒 血液検査 ビタミン ミネラル e840.net お問い合わせ

ビタミンEを多く含む食品と栄養所要量|ビタミン辞典

ビタミンEを多く含む食品と栄養所要量|ビタミン辞典

ビタミンE(vitamin E)は脂溶性ビタミンの一種。1922年にアメリカ合衆国、ハーバート・エバンス(Herbert M. Evans)とキャサリン・ビショップ(Katharine S. Bishop)によって発見された。トコフェロール(tocopherol)とも呼ばれ、特に D-α-トコフェロールは自然界に広く普遍的に存在し、植物、藻類、藍藻などの光合成生物により合成される。医薬品、食品、飼料などに疾病の治療、栄養の補給、食品添加物の酸化防止剤として広く利用されている。メチル基の位置によって8つの異なる型があり、それぞれの生物学的機能をもつ。ヒトではD-α-トコフェロールがもっとも強い活性をもち、主に抗酸化物質として働くと考えられている。抗酸化物質としての役割は、代謝によって生じるフリーラジカルから細胞を守ることである。フリーラジカルはDNAやタンパク質を攻撃することでガンの原因ともなりうるし、また、脂質過酸化反応により脂質を連鎖的に酸化させるビタミンEは、フリーラジカルを消失させることにより自らがビタミンEラジカルとなり、フリーラジカルによる脂質の連鎖的酸化を阻止する。発生したビタミンEラジカルは、ビタミンCなどの抗酸化物質によりビタミンEに再生される。
  

ビタミンEの栄養所要量

ビタミンEの1日のそれぞれの摂取量を、まとめたものが下記の表です。
抗酸化作用により、体内の脂質の酸化を防いで体を守る働きがあります。この働きから、体内の細胞膜の酸化による老化や、血液中のLDLコレステロールの酸化による動脈硬化など、生活習慣病や老化と関連する疾患を予防することが期待されています。

ビタミンEの目安量

その年令のほとんどが必要量を満たすと思われる、ビタミンEの1日の摂取量です。目安量は、科学的データや根拠が得られない場合に、定められています。

ビタミンEの上限量

健康障害(過剰症)を起こさない、ビタミンEの上限量です。
ビタミンEは不足すると細胞膜の脂質が酸化され損傷されることから、ごくまれに感覚障害や神経症状がみられることがあります。未熟児では赤血球がこわれておこる貧血が知られています。一方、過剰症では出血傾向になるという害がみられるのでサプリメントや薬などからの過剰摂取には注意が必要です。日常の食生活ではとり過ぎになる心配はほとんどなく、積極的にとりたい栄養素のひとつです。

ビタミンEにおける性別・年齢別の栄養所要量
年令 18~29才 30~49才 50~69才 70才以上
男性 目安量 9 8 9 7
上限量 800 800 800 700
女性 目安量 8
妊婦8
授乳婦11
8
妊婦8
授乳婦11
8 7
上限量 600 700 700 600
*厚生労働省 日本人の食事摂取基準より
*1mg(ミリグラム)は1gの千分の一で、1g=1000mgです。


ビタミンEを多く含む食品

ビタミンEを多く含む食品のリスト
ビタミンEが多い食品 ビタミンE含有量
あんこうのきも 13.8
すじこ 10.6
キャビア 9.3
いくら 9.1
あゆ(養殖/焼) 8.2
いわし(油漬) 8.2
たらこ(焼) 8.1
たらこ(生) 7.1
めんたいこ 6.5
モロヘイヤ 6.5
サウザンアイランドドレッシング 6.1
フレンチドレッシング 6.0
オリーブのピクルス 5.5
うなぎ(かば焼) 4.9
だいこん(葉) 4.9
かぼちゃ(西洋) 4.7
とんぶり 4.6
たい(焼) 4.5
ほたるいか(生) 4.3
赤ピーマン 4.3
子持かれい/水煮 4.2
はまち(生) 4.1
きくの花 4.1
かぶのぬか漬(葉) 4.0
うなぎ(きも) 3.9
しそ 3.9
えび(伊勢えび) 3.8
しその実 3.8
かに(毛がに) 3.7
うに 3.6
粒うに 3.6
つくし 3.6
ビタミンEはアーモンドなどのナッツ類や、植物油に豊富に含まれています。その他には、うなぎ、たらこをはじめとした魚介類、西洋かぼちゃ、アボカドなどにも多く含まれています。 ビタミンE、ビタミンC、β(ベータ)-カロテンは抗酸化作用を持つ代表的な栄養成分です。ビタミンEとβ-カロテンは細胞膜に、ビタミンCは体液中に存在してそれぞれの持ち場で活性酸素による弊害から体を守っています。このため、緑黄色野菜を植物油で炒めるなどして、それぞれを豊富に含む食品をいっしょにとると効果的です。

ビタミンEを詳しくしりたい人は、ここをクリック。

ビタミンEに関する情報

ビタミンEに関する詳しい情報
ビタミンEの栄養所要量
ビタミンEの吸収を促進阻害する因子
ビタミンEが多い食品
ビタミンEの過剰症
ビタミンEの欠乏症

 
ビタミン事典メニュー
ビタミン大辞典 ビタミン大辞典
ビタミンって何? ビタミンって何?
   ビタミンの歴史
   ビタミンの分類と種類
   ビタミンが多い食品
    ビタミンAを多く含む食品
    ビタミンDを多く含む食品
    ビタミンEを多く含む食品
    ビタミンKを多く含む食品
    ビタミンB1を多く含む食品
    ビタミンB2を多く含む食品
    ビタミンB6を多く含む食品
    ビタミンB12を多く含む食品
    ナイアシンを多く含む食品
    パンテトン酸を多く含む食品
    葉酸を多く含む食品
    ビオチンを多く含む食品
    ビタミンCを多く含む食品
   ビタミンンの摂取量
   ビタミンの欠乏症
   ビタミンの過剰症
ビタミンの種類と健康 ビタミンの種類
   ビタミンAの栄養と効果
   ビタミンDの栄養と効果
   ビタミンEの栄養と効果
   ビタミンKの栄養と効果
   ビタミンB1の栄養と効果
   ビタミンB2の栄養と効果
   ビタミンB6の栄養と効果
   ビタミンB12の栄養と効果
   ナイアシの栄養と効果
   パントテン酸の栄養と効果
   葉酸の栄養と効果
   ビオチンの栄養と効果
   ビタミンCの栄養と効果
ビタミンと健康 ビタミンと健康
こんな時に必要なビタミン こんな時に必要なビタミン
ビタミンを効率よく吸収するには ビタミンを効率よく吸収
ビタミンの過剰症 ビタミンの過剰症
ビタミンの欠乏症 ビタミンの欠乏症
ビタミンA ビタミンA
ビタミンB群 ビタミンB群
ビタミンC ビタミンC
ビタミンD ビタミンD
ビタミンに関する記事 ビタミンに関する記事
ビタミンが多い食品 トップページに戻る

ビタミンDを含む食品

ビタミンEを含む食品

 ビタミンKを含む食品

ビタミン大辞典 ビタミンEの栄養所要量  

ビタミン大辞典トップページに戻る
ダイエット メタボ 食事バランスガイド
ダイエット方法 おすすめするダイエット方法を紹介します。無理なダイエットは辛く長続きしません。ダイエットのポイントは、長続きさせる事!正しいダイエット知識で綺麗に痩せましょう メタボ対策 ちょっと昔は、カッコ良かったあなたも年齢とともにダンダンと中年太りになり、血圧、血糖値が高くなりましたら注意信号です。早め早めの対処で正しい体重にダイエットをしましょう。 食事バランスガイド
病気と栄養 健康診断
病気と栄養(食事療法) 色々な病気になった時に食事は治療を早めたり、回復させたりする力があります。逆に病気になった時に控えなければいけないものもあります。食事は毒にも薬にもなります。 生活習慣病(メタボ検診)の血液検査などの検査結果をチェック 気になる生活習慣病検診(メタボ検診)や健康診断結果について解説しています。メタボ体系になったら少しダイエットを考えましょう。 栄養辞典では抗酸化物質以外も説明 食育
ノロウイルス
ノロウイルス 毎年11月から翌年2月はノロウイルスが大流行いたします。特に食材の十分な加熱と手洗いの実施が重要です。また日頃の健康管理もチェックしましょう。 衛生栄養博士の大辞典 健康相談窓口
夕ご飯
献立の基本 献立の基本
美味しいお米の炊き方 美味しいお米の炊き方
ダシ出汁 ダシ出汁
調味料 調味料
メニュー集 メニュー集
裏ミシュラン 裏ミシュラン
リンク集 リンク集
健康と栄養辞典
ビタミン ビタミン
ミネラル ミネラル
ボツリヌス菌食中毒以外も説明 ボツリヌス菌食中毒以外も説明
サプリメント 血液辞典
サプリメント サプリメント
漢方薬 漢方薬
放射能 放射能
栄養士と管理栄養士
栄養士 栄養士
管理栄養士 管理栄養士
国家試験 国家試験
e840.netについて
お問い合わせ お問い合わせ
サイトポリシー サイトポリシー
管理人について 管理人について

Copyright e840.net All rights reserved. 2013.2